いいおじいさんの話

うつくしいつばさがある天使てんしが、まずしげないえまえって、心配しんぱいそうなかおつきをして、しきりとうちのようすをろうとしていました。
そとにはさむかぜいています。ほしがきらきらとれたはやしのいただきにかがやいて、あたりは一めんしろしもりていました。天使てんしるもいたいたしげに、素跣すはだし霜柱しもばしらんでいたのであります。
天使てんし自分じぶんさむいことなどはわすれて、ただこのまずしげないえのようすがどんなであろうということを、りたいとおもっているふうにえました。いえうちにはうすぐら燈火とうかがついて、しんとしていました。まだねむ時分じぶんでもないのにはなごえもしなければ、わらごえもしなかったのであります。

ああしんど

「ああしんど」

池田蕉園

よっぽど古いお話なんで御座ございますよ。私の祖父じじいの子供の時分に居りました、「さん」という猫なんで御座ございます。三毛みけだったんで御座ございますって。
何でも、あの、その祖父じじいの話に、おばあさんがお嫁に来る時に――祖父じじいのお母さんなんで御座ございましょうねえ――泉州堺せんしゅうさかいから連れて来た猫なんで御座いますって。
随分ずいぶん永く――家に十八年も居たんで御座ございますよ。大きくなっておりましたそうです。もう、耳なんか、厚ぼったく、五ぐらいになっていたそうで御座ございますよ。もう年をってしまっておりましたから、まるで御隠居様のようになっていたんで御座ございましょうね。

続きはこちら

アーサー王物語

アーサー王物語

KING ARTHUR’S ROUND TABLE

テニソン Tennyson

菅野徳助、奈倉次郎訳

本叢書は洽ねく大家の手に成るもの、或は青年の必讀書として世に傳はるものゝ中より、其内容文章共に英文の至珍とすべく、特に我青年諸氏に利益と快樂とを與ふるものを撰拔せり。
英語を學ぶに當り、文法字義を明かにし、所謂難句集に見る如き短文を攻究するの要あるは云ふまでもなしと雖も、亦可成多く一篇を成せる名家の著を讀み、英文に對する趣味を養ひ、不知不識其の豐富なる語類成句に習熟することを怠るべからず。前者は專ら學課として教師の指導に待つべきも、後者は學生諸子自ら講學の餘暇を利用して之を心掛くべきなり。著者等は親しく學生諸子に接し、教場以外獨習の助けとなるべきものゝ要求を知れり、是れ本叢書刊行の企ある所以にして、其冊子の小なるも諸子が携帶の便を計りたればなり。

続きはこちら

ああ玉杯に花うけて

ああ玉杯に花うけて

佐藤紅緑

豆腐屋とうふやのチビ公はいまたんぼのあぜを伝ってつぎの町へ急ぎつつある。さわやかな春の朝日が森をはなれて黄金こがねの光の雨を緑の麦畑に、黄色な菜畑に、げんげさくくれないの田に降らす、あぜの草は夜露からめざめて軽やかに頭を上げる、すみれは薄紫うすむらさきを開き、たんぽぽはオレンジ色のかんむりをささげる。せきの水はちょろちょろ音立てて田へ落ちると、かえるはこれからなきだす準備にとりかかっている。
チビ公は肩のてんびん棒にぶらさげた両方のおけをくるりとまわした。そうしてしばらく景色に見とれた。堤の上にかっと朝日をうけてうきだしている村の屋根屋根、火の見やぐら、役場の窓、白い土蔵、それらはいまねむりから活動に向かって歓喜の声をあげているかのよう、ところどころに立つ炊煙すいえんはのどかに風にゆれて林をめぐり、お宮の背後うしろへなびき、それからうっとりとかすむ空のエメラルド色にまぎれゆく。

続きはこちら

ア、秋

ア、秋

太宰治

本職の詩人ともなれば、いつどんな注文があるか、わからないから、常に詩材の準備をして置くのである。
「秋について」という注文が来れば、よし来た、と「ア」の部の引き出しを開いて、愛、青、赤、アキ、いろいろのノオトがあって、そのうちの、あきの部のノオトを選び出し、落ちついてそのノオトを調べるのである。
トンボ。スキトオル。と書いてある。

ああ華族様だよ と私は嘘を吐くのであった

ああ華族様だよ と私は嘘を吐くのであった

渡辺温

居留地女の間では

その晩、私は隣室のアレキサンダー君に案内されて、始めて横浜へ遊びに出かけた。
アレキサンダー君は、そんな遊び場所に就いてなら、日本人の私なんぞよりも、遙かに詳かに心得ていた。
アレキサンダー君は、その自ら名告るところに依れば、旧露国帝室付舞踏師で、革命後上海から日本へ渡って来たのだが、踊を以て生業とすることが出来なくなって、今では銀座裏の、西洋料理店某でセロを弾いていると云う、つまり街頭で、よく見かける羅紗売りより僅かばかり上等な類のコーカサス人である。

続きはこちら